あこがれの商品 ミズノのゴルフクラブ

ゴルフのミズノについて

ゴルフのミズノは、1906年に設立され世界的にも有名な日本の総合スポーツ品のメーカーで、国内外から非常に高い評価を得ています。1906年の創業以来、オリンピックから小さいスポーツの競技まで幅広いスポーツ競技分野へ貢献しております。1933年にゴルフクラブを日本で初めて尼崎工場において、製造開始して販売に乗り出しました。その後1936年には、初めて鍛造アイアンの取り組みに成功しており、1939年にはミズノのゴルフクラブを使用したプロゴルファーが全日本オープンに優勝しました。1968年には、初めてのグレインフローフォージド(鍛流線鍛造)製法アイアンが誕生しました。

そこから現在に至るまで、ミズノ流にこだわった独自の鍛流線鍛造の製法に磨きをかけ続けています。1942年には社名を美津濃株式会社に変更し、1943年に美津濃養老工場を手がけ、1949年にゴルフクラブの一貫生産を養老工場で開始しました。1989年には世界初の鍛造チタン・アイアンモデルを製造、発売しその二年後には最初の精密鍛造製法キャビティアイアン出しました。のちには、日本のトッププロをモデルにしたクラブを多く発売し人気を博しておりますが、契約プロとしても、国内外において男女多くのプロがいます。

また、プロのトーナメントとして1971年には、第一回ミズノオープン・ドリームカップとしてスタートして現在も継続されています。1973年には、第一回ジャパンクラシックとしてのトーナメントが開始され、のちにはミズノクラッシックと言われていますが、2012年の11月に行われた同大会でミズノの契約プロが優勝しました。また募金活動の一貫として、ミズノクラッシックで集まったチャリティ募金を日本赤十字社に届けています。

話題づくりで使えるサイト



Copyright(c) 2017 あこがれの商品 ミズノのゴルフクラブ All Rights Reserved.